開発備忘録:手間がかかっても無料でGmailの通知を受けたい

 こんにちは、豆珈琲です。 そろそろ(小説を書きつつも)ゲームよりもエンジニアらしいことをしようと思います。

 色々なものに手を出していますが、仕事中に前から欲しかった

Gmailの指定ラベルのメールだけ受信通知

を目標に今日は備忘録を書きながら、頑張って行こうと思います。

GoogleAPIを使う準備

Google Cloud Platform に登録またはログインします。 これによりGoogle関係の開発を行うAPI*1が使えます。

私がページを見た時点でGoogle Cloud Platform の無料お試し期間の通知が来ていたのですが、今回必要なさそうand無料期間が1年なので目的*2が出来るまで放置です。

cloud.google.com

プロジェクト作成とGmailAPIの有効化

f:id:mamecafe:20170922144021p:plain

 上画像のような画面に遷移するので、そこでプロジェクト作成とGmailAPIを有効化します。

f:id:mamecafe:20170922144609p:plain

 また認証後にこの API を使用するには、認証情報が必要になる可能性があります。開始するには、[認証情報を作成] をクリックしてください。 と言われるので、指示に従いましょう。

f:id:mamecafe:20170922145139p:plain

 APIを呼び出す場所としてjavaScriptなどを選べるようです。今回は、Slack&Botkitで呼び出す予定だったので今回はNode.jsを選択しました。

承認済みのJavaScript生成承認済みのリダイレクトURIhttp://localhostまたは自分自身が使用するURLを入力。

試行錯誤のHello,World!!(比喩表現)

いつもの如く、「Hello,World!!」に挑みます。

Node.js Quickstart  |  Gmail API  |  Google Developers

まずはGoogleのドキュメントを確認。それを元に下記のものを作成しました。

var fs = require('fs');
var readline = require('readline');
var google = require('googleapis');
var googleAuth = require('google-auth-library');

// If modifying these scopes, delete your previously saved credentials
// at ~/.credentials/gmail-nodejs-quickstart.json
var SCOPES = ['https://www.googleapis.com/auth/gmail.readonly'];//許可範囲
var TOKEN_DIR = __dirname + '/../data/auth/'; //API tokenがある場所を指定
var TOKEN_PATH = TOKEN_DIR + 'client_id.json';

// Load client secrets from a local file.
fs.readFile(TOKEN_PATH, function processClientSecrets(err, content) {
    if (err) {
    console.log('Error loading client secret file: ' + err);
    return;
    }
  // Authorize a client with the loaded credentials, then call the
  // Gmail API.
    authorize(JSON.parse(content), listLabels);
});

/**
 * Create an OAuth2 client with the given credentials, and then execute the
 * given callback function.
 *
 * @param {Object} credentials The authorization client credentials.
 * @param {function} callback The callback to call with the authorized client.
 */
function authorize(credentials, callback) {
    //credentialsを確認したところinstalledではなく、webでした
    var clientSecret = credentials.web.client_secret;
    var clientId = credentials.web.client_id;
    var redirectUrl = credentials.web.redirect_uris[0];
    var auth = new googleAuth();
    var oauth2Client = new auth.OAuth2(clientId, clientSecret, redirectUrl);
    // Check if we have previously stored a token.
    fs.readFile(TOKEN_PATH, function(err, token) {
      if (err) {
        getNewToken(oauth2Client, callback);
      } else {
        oauth2Client.credentials = JSON.parse(token);
        console.log(oauth2Client.credentials);
        callback(oauth2Client);
      }
    });
}

/**
 * Get and store new token after prompting for user authorization, and then
 * execute the given callback with the authorized OAuth2 client.
 *
 * @param {google.auth.OAuth2} oauth2Client The OAuth2 client to get token for.
 * @param {getEventsCallback} callback The callback to call with the authorized
 *     client.
 */
function getNewToken(oauth2Client, callback) {
  var authUrl = oauth2Client.generateAuthUrl({
    access_type: 'offline',
    scope: SCOPES
  });
  console.log(authUrl);
  console.log('Authorize this app by visiting this url: ', authUrl);
  var rl = readline.createInterface({
    input: process.stdin,
    output: process.stdout
  });
  rl.question('Enter the code from that page here: ', function(code) {
    rl.close();
    oauth2Client.getToken(code, function(err, token) {
      if (err) {
        console.log('Error while trying to retrieve access token', err);
        return;
      }
      oauth2Client.credentials = token;
      storeToken(token);
      callback(oauth2Client);
    });
  });
}

/**
 * Store token to disk be used in later program executions.
 *
 * @param {Object} token The token to store to disk.
 */
function storeToken(token) {
  try {
    fs.mkdirSync(TOKEN_DIR);
  } catch (err) {
    if (err.code != 'EEXIST') {
      throw err;
    }
  }
  fs.writeFile(TOKEN_PATH, JSON.stringify(token));
  console.log('Token stored to ' + TOKEN_PATH);
}

/**
 * Lists the labels in the user's account.
 *
 * @param {google.auth.OAuth2} auth An authorized OAuth2 client.
 */
function listLabels(auth) {
  var gmail = google.gmail('v1');
  gmail.users.labels.list({
    auth: auth,
    userId: 'me',
  }, function(err, response) {
    if (err) {
      console.log('The API returned an error: ' + err);
      return;
    }
    var labels = response.labels;
    if (labels.length == 0) {
      console.log('No labels found.');
    } else {
      console.log('Labels:');
      for (var i = 0; i < labels.length; i++) {
        var label = labels[i];
        console.log('- %s', label.name);
      }
    }
  });
}

 ひとまず、手元で修正してjs系のエラーはなく動くのですが、 The API returned an error: Error: No access, refresh token or API key is set.と出てしまいます。

アクセストークン(Access Token)の取得

 The API returned an error: Error: No access, refresh token or API key is set.はAccessTokenが無いエラーということなのですが、取得しても30分毎に無効になるようです。

qiita.com

実はAccessTokenという単語に行き着くまで時間がかかりましたので、1次情報に行きつくまで時間がかかりました。

Using OAuth 2.0 for Web Server Applications  |  Google Identity Platform  |  Google Developers

次にやること

今日一日で成し遂げたかったのですが、間に合わなかったので次回に回します。(工数的見積もりは甘かったですね)

  • AccessTokenを使ってGmailAPIを使う
  • ラベル毎のメールを取得する

参考にしたサイト

Google Gmail APIでメールを取得する - Qiita

Google APIを使用するためにGoogle OAuth認証をしようよ | ひま缶

Google API OAuth2.0のトークン取得手順 - Qiita

Node.jsのOAuthを使ってGoogleDriveAPIを叩いてみた - Qiita

*1:車輪の再発明を回避できますが、使うとは別にAPIの原理の理解は必要

*2:機械学習があるので、人工知能では触るかもしれません

ゼルダの伝説 BotW 追加コンテンツ感想

こんにちは、豆珈琲です。

 

mamecafe.hatenablog.com


ゼルダの伝説のBotWが終わってしまったので、追加コンテンツを購入しました。
2017/09/21現在、まだすべての追加コンテンツの内容は配信されていないのですが、
ゲームをプレイ完了した方にはおすすめです。

追加コンテンツの現在の主な内容

  • マスターモード(オートセーブ、ユーザセーブの2つだけですが通常モードとは別にセーブできるハードモードのこと)
  •  マスターモード:敵の強化(1ランク敵の強さがUP、敵の追加配置、自動回復)
  • マスターモード:宝箱の追加(敵が増えたことにより宝箱の追加配置)
  • 追加装備(ムジュラの仮面、ファントム装備など)
  • 剣の試練(マスターソードを最大60まで強くする3段階の試練)

マスターモードの序盤プレイ感想を書いていきます。

 

開幕で敵が硬すぎる、強すぎる

始まってそうそう、ボコブリンに見つかってしまい応戦したのすが、1撃で沈められました。

1段階敵が強くなっていると聞いていましたが、敵から奪った武器で叩いても相手はびくともしません。そこそこ強くない武器でない限り寝込みを襲うことも出来ませんでした。

マスターモードは隠密と戦略ゲーム

夜になると敵は眠るので、武器をそろそろを盗む隠密行動が必要になってきます。
武器を奪うことにより、リンクへのダメージが無くなるor減るので常套手段のようです。

また、武器で戦う以外に焚き火を使って火攻めをしたり、水の中に落としたり、と戦略が必要になってきました。

今回のゼルダの伝説で「戦い方も自由」というオープンワールドの世界観を楽しむにはマスターモードが一番みたいですね(遠い目)

 はじまりの台地にはじまりのライネル先輩

ネットでも有名ですが、

「あ、ライネル先輩、チーッス(´・ω・`)」

と、はじまりの台地の山小屋付近にライネルが配置されていました。はじめは鹿かと思ったのですが、ケンタウロスのライネルさんでした。
YouTubeや掲示板によれば、序盤で戦いに行き、命を散らせながらも、ライネルを倒した強者がいるようです。

マスターモードでオススメの装備:ムジュラの仮面

DLCでは「ムジュラの仮面」が「はじまりの台地」以降で手に入るので、「冒険手帳」にミニチャレンジが追加されましたら、速攻で取りに行くことオススメします。

ムジュラの仮面を装備すると、低級な魔物には殆ど気づかれなくなり、ライネルなどの上級の魔物にはちょっとの間気づかれなくなります。
マスターモードは武器や盾の消費が高くなるので、丸腰になった際にはムジュラの仮面を装備して夜間に速攻で敵から武器を奪います。