リファカラット 167日目:化粧する前にリファカラット

こんにちは、豆珈琲です。
先程、記事を投稿したのと共に、「そういえばリファカラットについてのレビューを書いてない」ことも思い出したため、軽く投稿です。 

mamecafe.hatenablog.com 

やばい、顔浮腫んでる……そんな時

豆珈琲的には、リファカラットが「役に立つ!」と思った瞬間は、

  • 朝化粧をする前の鏡を見て浮腫んでいるのを見た瞬間
  • 歩き疲れて帰ってきた瞬間

です。
前日の疲れでも、居酒屋に行った次の日でもいいのですが、兎に角起き抜けに顔が浮腫んでいることが多いんです。
そういう時に、化粧をする前にアゴ周りをコロコロすると、体感的にちょっとすっきりした感じになります。

また、歩き疲れて帰ってきて、足をマッサージしたい時に、リファカラットの持ちてなら、ふくらはぎや、太もものマッサージに丁度いいんです。
こう、寝っ転がりながらリンパの流れに沿って、コロコロすると気持ちがいいんです。

ダイエット効果は実感出来てなかった

悲しいことに、ダイエット効果は実感なかったです。
私の場合は必要なものは、運動>>>越えられるかもしれない壁>>>リンパマッサージなので、ダイエット効果ななさそうです。

167日目の総評

浮腫対策と疲労回復には良かったです。
安いマッサージローラーを買うくらいなら、リファカラットをおすすめしたいです。

やっところさ、sshでRaspberry Piに入ってみた&Slackサーバにしてみた

こんにちは、豆珈琲です。

mamecafe.hatenablog.com

 ……この記事から176日後にラズパイからSlackに接続をするようにしました。
女流エンジニアのくせに、致すことが遅くて申し訳ありません。

ラズパイ(ラズベリーパイ/Raspberry Pi)とは?

エンジニア界隈でラズパイといえば、甘酸っぱくて美味しいラズベリーを使ったパイではなく、このRaspberry Piを指します。

Amazonアフィリエイトの画像では、見た目の良さからケース付きのものを出していますが、実際はむき出しの基盤のみの単体販売です。

簡単にラズパイについて説明をさせていただくとしたら、「低スペック低価格低電力のPC」です。自作パソコンに手を出したことはないので、一番安いとは言えませんが、技術的なハードルに関しても低いと言えます。

Slackのbotを24時間動かし続けるためにPCを使用するよりも、このラズパイを使った方がランニングコストは低いのと、家の中に転がっていた(笑)ということで使用しました。

sshでラズパイに入ってみた

さてさて、気になるラズパイの入り方です。
本当は大学時代に研究室で一度入っており設定済みだったのですが、自宅では設定をしておらず、尚且つ、ワイヤレスキーボードとのリンクが切れてしまったので、再設定が出来なくて、ラズパイを放置しておりました。その為、今回はラズパイの初期設定(OSのインストール、ネットワーク設定)については省きます。

また、WindowsよりもMacから作業したほうが楽なので、Macでのやり方になります。

  1. ラズパイ操作でIPアドレスを確認し、出てきたアドレスをメモする
    >ip addr
  2. そのままsshを有効にするために、raspi-configから設定をします
    ・Advance Options> SSH > Enable
  3. Macからsshログインをします
    > ssh pi@ラズパイで調べたipアドレス
    >password: raspberry

蛇足ですが、ID:pi password:raspberryはOSの初期設定のままのログイン情報なので、ユーザの追加とpiユーザの削除をオススメします。

hubotを起動して、Slackにbotととして存在させる……準備

Slackでhubotを起動させるために、Node.jsとYeoman、Hubotのジェネレーターをインストールします。

  1.  Githubからclone > git clone git://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm
  2.  パスを通します > source ~/.nvm/nvm.sh 
  3.  パスを記述します > vi ~/.bash_profile
  4.  最新版の確認 > nvm ls-remote
  5.  最新版をインストール > nvm install v8.1.4(最新版を推奨)
  6.  node.jsのバージョン確認 >  node -v
  7.  npmのバージョン確認 > npm -v
  8.  Yeomanとhubotジェネレータのインストール >  npm install -g yo generator-hubot

このあたりはぽちぽち、さくさくと。 
エンジニアの個性はこのあたりはまだ入らないですね。

hubotジェネレータでacebotを作成する

  1. 作業用フォルダを作成 > mkdir workSpace
  2. bot用のフォルダを作成し、フォルダに移動
    > cd workSpace 
    > mkdir acebot
    > cd acebot 
  3. hubotでジェネレート> yo hubot
    作成に暫く時間がかかるので、珈琲でも入れてきます(๑•̀ㅂ•́)و☕

嬉しいことにエラーは何も出てこなかったので、次に進みます。
いくつか質問をされるので、適当に答えていきましょう。

? Owner cafemame@coffie.com(例)

? Bot name acebot

? Description Ace Bot

? Bot adapter slack

 

f:id:mamecafe:20170716185451p:plain

この画像が出てくれば、成功です。

slack-token.shを作成

slackに接続する設定を書きます。

#!/bin/sh

export HUBOT_SLACK_TOKEN=<token>

./bin/hubot --adapter slack

 <token>は「Slackにbotをいれてみた」でSlackから発行されたものをいれてください。 

mamecafe.hatenablog.com

作成したslack-token.shに実行権限を与えます。

sudo chmod u+x slack-token.sh

 

結果 

Slackにラズパイから常駐出来るようになります。

> sh ./slack-token.sh

up to date in 37.09s

[Fri Jul 14 2017 17:39:07 GMT+0900 (JST)] INFO Logged in as ace of Slackのチーム名

[Fri Jul 14 2017 17:39:09 GMT+0900 (JST)] INFO Slack client now connected

[Fri Jul 14 2017 17:39:24 GMT+0900 (JST)] INFO hubot-redis-brain: Using default redis on localhost:6379

 

まだ、ping&pongのやり取りしか出来ませんが、ひとまず第2歩目です。

f:id:mamecafe:20170714181935p:plain

 エラー対処

私の場合は、下記のようなエラーが出たため、2点作業を行いました。

[Fri Jul 14 2017 17:35:15 GMT+0900 (JST)] ERROR hubot-heroku-keepalive included, but missing HUBOT_HEROKU_KEEPALIVE_URL. `heroku config:set HUBOT_HEROKU_KEEPALIVE_URL=$(heroku apps:info -s | grep web.url | cut -d= -f2)`

……herokuを使う予定は今のところなにので(?)、さくっとエラー対応します

rm -rf hubot-scripts.json

vi external-scripts.jsonでherokuが含まれているものを削除 

参考URL(ありがとうございました)

qiita.com

qiita.com

d.hatena.ne.jp

 

レオナルド×ミケランジェロ展


f:id:mamecafe:20170712134606p:plain

レオナルド×ミケランジェロ展|三菱一号館美術館(東京・丸の内)

 こんにちは、豆珈琲です。偉大なるダ・ヴィンチミケランジェロよりも先に名前を出すことを憚れたため、三菱第一号美術館の画像とリンクを先に出させて頂きました。

うつ病からの克服のカギは節約×ウォーキングです。ということで、今回は先日行ってきました、美術館の紹介をしようと思います。

ルネサンス時代の巨匠の2人を、そして、油彩や彫刻などのバリエーションで楽しむことが出来るということで、友人と行ってきました。

理系の私でも、ミケランジェロダ・ヴィンチの名前くらいは知っているのですが、
2人の年齢が違うといえど、同じ時代を生きて、言葉を交わしたり、周囲から比べられたり、競い合ったりすることは知りませんでした。

閑話ですが、ダ・ヴィンチの名前は映画『ダ・ヴィンチ・コード』で有名になったと思います。映画公開がされた際に「ダ・ヴィンチの残した謎」や「最後の晩餐」についてのテレビ特集で目にした方も、いると思いますね。(映画や小説のレビューについてはまたいつかの記事で)

閑話休題
展覧会は三菱第一美術館で、東京駅から10分程歩いたところにあります。
写真は撮っていませんが、美術館の中庭も素敵でしたし、勿論、美術館の外観自体もレンガ造りで明治時代の西洋風の建物でした。

今回の展覧会は、色とりどりの絵画や神秘的な彫刻の所謂完成したものではなく、素描(デゼーニョ)と呼ばれるものが展示されています。

レダと白鳥」や「最後の晩餐」のように、見た人を圧倒するものではなく。
過去の偉人が素描による習作を繰り返したものの断片を見られます。

素描や習作と侮るなかれ、紙の上にデッサンされたものであるのに、生きているかのような温かみのあり、横から見たくなる立体感がある芸術品です。とても見ごたえがありました。

有料ですが、音声ガイドもあります。私は音声ガイドは借りなかったのですが、
同行した友人が借りて見入っていました。(私は音声よりも、テキストガイド派なので途中途中にある解説カタログを開いてみていました)

 

f:id:mamecafe:20170716160718j:plain

この画像は撮影スポットで撮影したものです。
展示テーマごとにダ・ヴィンチミケランジェロの言葉が飾られている壁があります。

 
f:id:mamecafe:20170716160056j:image

 

 ここも撮影スポット。素描というのは上の写真のようなものです。

まだまだ展覧会は続くので、興味がある方はぜひぜひ!

頑張る親父シリーズ『96時間』(後半ネタバレあり)

こんにちは、豆珈琲です。
ノアリスがメンテ中だったので、映画を見ながら色々と作業をしていました。海外映画が大好きなので2周目を鑑賞しながら、記事を書いていこうと思います。

今回の映画は頑張る親父シリーズ『96時間』を紹介していきます。

頑張る親父シリーズ、とは?

 突然ですが、この「頑張る親父シリーズ」とは私(と母)が勝手に名付けた映画の特集名です。
愛する娘や国家のために、父親が頑張る映画です。他にも血みどろになるハゲ親父が頑張る『ダイ・ハード』や、ミイラと対決する冒険家の親父の『ハムナプトラ』などがあります。

『96時間』あらすじ(ネタバレなし)

CIAのスパイだったブライアン=ミルズは、愛する娘の傍にいるためにCIAをやめて引退生活をしている。しかし、引退をするには遅く、妻のレノーアとは別れ、娘のキムはレノーアと共に再婚相手の大富豪の家で暮らしている。

ある日、娘が友達とパリ旅行したいと許可を求められたが、海外には危ない場所が多いことを昔の仕事柄知っていたブライアンは渋ったが、元妻から「自由にさせないと娘は離れていくわ」と小言、もしくは助言を言われて許可を出す。

海外対応の携帯電話や行ってはいけない場所リストを渡し、連絡をさせるなど約束事をさせる等など、仕事柄スパイとして完璧な心配をしているブライアン。
娘や元妻は「杞憂だ」と思っているが、到着早々、キムはブライアンとの電話の最中に誘拐をされてしまう。

……ブライアンは電話を取った犯人に向かい、淡々と自分が特殊な技術を持ち、追い詰めることが出来ると伝える。

「今すぐ娘を返すなら、見逃してやる」
「返さないなら、必ずお前を見つけ出し、この手で殺してやる」

……96時間以内に見つけ出さないと、もう助けられない。

『96時間』は現在3作品シリーズ

現在、続編が2作品あり、それなりに面白いですが、
おすすめなのはやはり、1作品目ですね。娘を救い出すために、パリを暴れまわる親父が素敵です。2作品目や3作品目は家族も頑張るのですが、見どころが分散されてしまうので、個人的にはイマイチ。

名台詞(ネタバレあり)

「これで下見は何回目?毎回1ドル払っているなら、もう手に入っている」

娘のキムのために、プレゼントの下見のために何度も同じ店に足を運んで、同じ商品を見続けていましたよ、この親父。
昔の仲間からも、「(娘の義父を)なんなら、調べてやろうか?」「こいつのことだから、調査済みだろ(笑)」と言われていることからも、徹底的に調べあげる几帳面な性格、またはが滲み出ています。

「キムの誕生日を祝わないといけなかったんだ」

仲間からの援護要請をされていたにも関わらず、どこかへ行ったことあるブライアン。勿論、今となってはどこへ行ったがわかっている仲間たち。ブライアンはさも当たり前のように、このセリフを言っています。
娘の誕生日>任務の図式が出来上がっているブライアン(笑)

「お前は攫われる」

電話をしている最中に、娘が確実に誘拐されると悟るブライアン。キムは「誘拐されずに助かる」という希望を抱いていましたが、遠く離れた地にいる娘を救出するため、情報収集をさせるためにはっきりと、誘拐されることを伝えます。

「俺は必要ならエッフェル塔だって倒してやる」

……愛する娘>>>>>>>>>越えられない壁>>>>>>>>>>エッフェル塔

終わりに

……大富豪の義父と、スペシャリストな父がいていいな(๑•̀ㅂ•́)وと思う、豆珈琲でした。
過去に何をしていたか具体的な映像がない父親が、自ら持つ技術を使って、パリを暴れまわるのは楽しかったです。
スパイと聞いて、盗聴や格闘を思いますが、少ない情報から娘にたどり着くためにスキルを発揮する姿は予想がつかないが納得するスパイの姿です。

 

 

やっとこさ、Rank上限解放

こんにちは、豆珈琲です。
うだるような暑さで、普段は30度設定のエアコンも28度にしています。

今日(2017/07/14)、シノアリスが15:00~16:00のメンテナンスを入れました。新たな討伐イベント「海底二巣食ウ火竜」のためのメンテナンスでしたが、他2点追加がありましたね。(下記の画像参照)

f:id:mamecafe:20170714161010p:plain

討伐イベントはドロップ率が辛いと思うのでテンションは上がらなかったのですが、Rank上限解放があり、個人的にはテンションが上がりました。
先週あたりにRank100になってしまったため、オソウジをしても、周回をしても経験値が無駄になっていました。この上限解放は120までとなっており、そんなに高いと感じないですね。予想ですが、これはRank100が想定よりも多いことへの、応急措置だと思います。

防具回収イベントはまだ終わっていないため、回収してきまーす(๑•̀ㅂ•́)و

私はライターになりたい!!本日のチャレンジ「サグーワークス」に登録してみた

こんにちは、豆珈琲です。
実はITエンジニアのスペシャリストになりたい反面、ライターになりたいと思っております。

この記事を書いたきっかけ

最近読んだ『心を上手に透視する方法』の中に「72時間以内に実行しなければ、それを実行することは二度とないだろう」「いつかやりたい、になってしまう」というような文がありました。

 「価値をつけて貰える文を書きたい」と思っていたのですが、それを形にする仕事を選択しなかったため、72時間はとっくに過ぎ去って、「いつかやりたい」になっていました。

「いつかにする」ことを戒める意味と、自分を追い立てるためにこの記事を書きました。

本日チャレンジし始めたこと

さて、タイトルにもある通り、「サグーワークス」に登録してみました。
簡単ですが、ネットで評判を見るところ、しっかりとしたサービスのようなので登録です。(自分で見つけたところもありましたが、途中で疑いたくなるようなことがあったので、登録を取りやめました)

works.sagooo.com

くらうんどそーしんぐ?とエンジニアにあるまじき発音の悪さが出るくらい、あまり馴染みがなかったのですが、「稼ぐフリーライターになる方法」の記事を参考にさせて頂きました。

サグーワークスはライティングに特化しているクラウドソーシング。初心者でも書く仕事で稼ぐ感覚を身につけたいなら。

……という文面を見て、また初心者である自分の状況を考えて選びました。

naze7000nanoka.hatenablog.com

まだ100文字程度の記述アンケートしかやっていませんが、
腰を据えてしっかり書く記事の仕事もあるのでまた次回やってみようと思います。
しっかり腰を据える、というのは書くにはフォーマットなどのルールがあるので、
ブログ記事のように「自分流」で書くことはできなさそうです。
はじめが肝心なので、仕事のつもりで、金曜日チャレンジします。

ではでは、また次回。

『マジ文章書けないんだけど』の書籍紹介

こんにちは、豆珈琲です。
うつ病で休職したての頃は、率直に言わせていただくと、
「マジで本が読めない」という状態でした。本を読み出しても全く頭に入ってこらず、そもそも本を持つのも億劫でした。
ゆっくり休んで、「何かやりたいな〜」状態になってからは、
再び読書を始められるようになりました。

今回、紹介しようと思う本は『マジ文章書けないんだけど』(著者:前田 安正)です。リハビリの一環で近所にある小さな蔦屋書店を歩き回っていたところ、この本に出会いました。
仕事をしていた期間中、何度も「君、論理的に文章が書けないね」「メール文変だね」と言われ続けて、何度も凹みました。そのこともあり、この本のタイトル『マジ文章書けないんだけど』に、とても共感を抱くことが出来ました。

本の帯に「就活のエントリーシート」「仕事のメール、企画書、報告書」とありますが、繰り広げられるストーリーは「就活」よりのものでした。あくまでストーリーは、です。書かれている内容は社会人にも断然役立つものだと思います。

何が身につく?

この本の良いところは、きっと誰もがするであろう悪い例文を使い、改善例を示してくれるところです。問題も載っているので、推敲の練習にもなると思います。

後述の4つのステップに分けられた23のレッスンで、文と文章の書き方を学んでいけます。

  • 主語と述語について考える
  • 文と文章の構造を考える
  • 人の思考を意識する
  • 「Why(なぜ)」を意識する

私が感嘆の声をあげたのは、助詞の「は」と「が」の使い方がわかりやすかったことです。小学校の授業で助詞については、学ばれたと思いますが、「は」と「が」の違いと役割について説明ができ、使いこなせていると言える方は少ないと思います。

どんな人にオススメしたいか……ずばり言わせてください

「マジ文章書けないんだけど」と言ったことある方です。
それ以外の方は、役に立つかわからないと思います。
ですが、就活生の友人・知人・家族がいる方はアドバイス代わりにプレゼントするにはおすすめです。