マインドマップ

ハッピーバレンタイン(๑•̀ㅂ•́)و❤(ӦvӦ。)、豆珈琲です。
バレンタインなのですが、術後の静養のため読書とPCの日々のエンジニアです。

今日は読み終わった「ザ・マインドマップ」について紹介しようと思います。
(余談ですが、ザ〜って聞くと「the Mentalist」という海外ドラマが頭に浮かびます)

What's マインドマップ?

mamecafe.hatenablog.com

1つ前の記事で書いた「年収を上げる読書術」で紹介されていました"マインドマップ"。「年収を上げる読書術」では「読書で学んだことをマインドマップでアウトプットする」に関連して紹介されており、私自身気になったのでAmazonマインドマップの本をぽちりました。

マインドマップとは、セントラルイメージ(テーマの中心と成るイメージのこと)を中心に脳の神経細胞のようにブランチ(訳:木の枝)を伸ばして描いていくものです。


f:id:mamecafe:20170214141228j:image

上の写真のように、カラーを使い、イラストを多用し、単語を枝の節に使いながらマップを広げていきます。このマインドマップを使うことによって、物事を記憶・情報の整理・アイディアを広げるのに役立つそうです。

記憶術といえば、私はメンタリスト(原題:the Mentalist)のパトリック・ジェーン(ドラマの主人公、下図)が使っている「記憶の宮殿」が印象的に残っています。

f:id:mamecafe:20170214145753j:plain

記憶の宮殿は、文字通り頭のなかに自由自在に構築ができる宮殿を作り、部屋ごとに記憶を入れていくもの……ということらしいのですが、私にはちょっと難しかったです(´・ω・`)

ブランチをつなげて記憶していく点だけを見ると、マインドマップと記憶の宮殿は似通っているようですね。

閑話休題

ビジネスに役立つ?

本によれば、読書や勉強以外にもビジネスやプレゼンテーションの場面で使えるらしいのですが、まだまだ私にはワカラナイ.......。

本のレビュー

トニー・ブザンという方がマインドマップを広め始めた人で、その人の本です。
本自体も教科書のようで、「ふむふむ、マインドマップはこうやっていくのか」という初級から始まり、ビジネスやアートなどの応用にまで話は広がります。

ただ、マインドマップの性質上、本の挿絵として描かれるマインドマップの図が本を横にしないと見づらい……。

マインドマップの使い心地 〜頭の整理に役立つ?リラックス効果?〜

技術書を読んでいると「なんぞや?」って単語にぶち当たったりします。読んでいる際に活用しているのがマインドマップです。イラストは描きにくいのですが、技術同士の繋がりやメモなどには役に立っています。

バグ探しでもマインドマップを活用しました。マインドマップに情報を書き出して眺めていると、「あ……」と思いつくのがありました(まだ1回なので使えるかどうか不明です)

学生の頃は買っていたカラーペンやカラーボールペンも、大人になるとめっきり使いません。現に新卒1年目でノートを3冊使っているのですが、黒、青、赤のノート……。
マインドマップで使おうと実家の文房具入れからカラーペンを持ってきました。
マインドマップをカラーで描いていると楽しくなってきて、個人的にはリラックスが出来ていると思います。

アイディアマラソンでぽんぽんと使えるかどうかわからないアイディアを出していている私にとって、楽しみながら放射線状に単語とイラストを書き出していくマインドマップはあっているようです。

おすすめしたい人

論理的にするすると情報をまとめられる人よりも、直感で情報を出して見ていくひとにマインドマップはおすすめです。

また、マインドマップAmazonでも関連本が100冊以上検索ヒットするので、私が買った「ザ・マインドマップ」かトニー・ブザン著作の本がいいと思います。

マインドマップを読んでのこれから

マインドマップ(ビジネス書)を読み終わったのでこれからの私の目標は以下のとおりです。

以上、静養中の豆珈琲でした。ここまで読んで頂き、ありがとうございます!!