備忘録:誤字脱字って本当に損。でも、どうやって直せばいいのやら。

こんにちは、今日の天気模様と同様の曇り空な心内の豆珈琲です。

 何故ならば、サグーワークスで実際に文章を書いていたのですが、3時間分のお仕事結果が受理されませんでした。

mamecafe.hatenablog.com

 受理されなかった原因の中は、以下の3点です。

  1. 誤字脱字
  2. 日本語がおかしい(筋が通っていない)
  3. 稚拙な文(前後の文と、意味が同じになっている)

……文句のひとつもありません。大変、申し訳ありませんでした。という、心境です。

仕事でも「豆さんの書く文章変だよ」「誤字脱字。本当に直らないの?」と言われ続けてました。本人にしてみれば、時間を書けて見直しているのに、見落としているので「どうやって直せばいい?」という状態です。文章を書くだけに時間を割く訳にもいかず、持ち帰って作るのも許されず……主な鬱の原因はこれだよ。

と、まあ、裏道お兄さんのごとく、空元気で原因を消していきましょう!

 

その1(前にも調査したが)誤字脱字の原因をネットで調べてみた

誤字脱字になる原因で、数字ではなく文字に関するものは2点ありました。(数字に関しては、置いときます)

  • 脳が誤字脱字や意味が通じない文に対して補完をかけて意味を通す
  • 単語や慣用句を間違えて覚えている

脳みそ……orz

ケンブリッジ大学の研究によれば(一次情報は不明ですが、信憑性はありそう)、人間は単語の最初と最後さえ、合っていれば意味を補完するそうです。

こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。
この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか
にんんげ は もじ を にしんき する とき その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば
じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて
わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。
どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?
ちんゃと よためら はのんう よしろく

……こんな感じに。

参考:

www.nextglobaljungle.com

参考:印刷後はヤバイ…校正で誤字脱字の誤植を見つける7つの方法

その2 一般論はさておき、自己分析してみよう

話は少々脱線しますが、自身の問題はネットで検索するだけでは、解決に対するアプローチは不十分です。ネットだからではなく、一般論だけでは不十分という意味です。
自己分析をして、自分が何故その問題があるのか、実際の出来事から分析していく必要があります。

やり方としては、以下のようなやり方です。

  1. 実際の出来事
  2. 理由を考える
  3. 理由の理由を考える
  4. 裏を返せば「解決方法」になるまで、2番目に戻る

私の場合、何故、誤字脱字をするのか?

  • タイピングしながら、直前の文や単語を見直している
  • タイピングしながら見直しているが、タイピングが早すぎて追いついていない
  • 脳が補完している
  • 変換候補を見て選択したが、選択の際に操作ミスしている
  • 誤字脱字を直した際に、送り仮名や助詞/助動詞を巻き込んで、新たな誤字脱字を作っている

更に、何故、日本語が変なのか?

  • 伝えたいことだけを考えて、構成を考えずに、タイピングしている
  • 文字数を増やそうとして、次の文で説明に更に説明を付け足そうとしている
  • 文を修正して、文の構成や意味を見直していない

以上です。

その3 一般論の解決方法

一般的な解決方法は、大体次の通りです。

  • 紙に印刷をする
  • 印刷したものに書き込みながら見直す
  • 読み上げ機能を使う
  • 音読をする
  • 時間をあけて、見直す
  • 後ろから読む
  • 片目で読む

個人的に、調査の中で読んでいて面白かったのは、

誤字脱字の防止方法 小説作法

ですね。

この中で、「生活態度を見直す」や「フォントを変えることにより、印象を変えて読む」がありました。眉唾物の意見ではないかもしれません。

その4 謝辞

サグーワークスさん、ありがとうございます。
サイレント拒否だと思っていたのですが、丁寧に見ていただき、コメントもくださいました。