備忘録:wacomのペンタブレットを発掘してきたので、環境準備

こんにちは、豆珈琲です。

3年前(2014年)に購入したwacomペンタブレットを購入していたことを思い出したので、発掘してきました。
付属のclip studio paint proの期間限定のシリアルコードが当然期限切れ&当時とは別のPCであったことから、準備に手間取りましたので備忘録を残しておきます。

ワコム Intuos Comic マンガ・イラスト制作用モデル Sサイズ 2013年9月モデル CTH-480/S1

wacomペンタブレットのドライバーインストール

 macにそのまま繋げても、ペンタブは認識しないのでドライバを公式サイトからダウンロードしてきます。

Wacom|ドライバダウンロード

公式の案内のとおり、インストールすれば問題はないようです。

clip studio paint debut版の入手

 前提として、proの期間限定シリアルコードが手元にあること前提です。期間限定を過ぎた後は、debut版のclip studio paintを使用出来ます。proに比べれば使える機能は少ないですが、十分満足のできるものです。

機能一覧 | CLIP STUDIO PAINT

 ソフト自体はシリアルコードで体験版、pro版などを認識しているので、公式サイトからダウンロードします。ソフトを立ち上げて、シリアルコードを入力すれば代替の場合は問題はないです。

体験版 - イラスト・マンガ制作ソフトの全機能を無料体験 - | CLIP STUDIO

 また、debut版が使用できるシリアルコードは以下の公式サイトで発行できます。案内を探すのに苦労しましたが、公式のQ&Aで誘導がありました。

CLIP STUDIO PAINT DEBUT ダウンロード版(使用期限なし)シリアルナンバーの発行

メモ:シリアルコードを持っていればpro版を優待価格で購入ができる

 期間限定のpro版のシリアルコードを持っていれば、通常のpro版を購入出来ます。

 はじめは、諦めて通常のpro版を購入するつもりでしたが、debut版として使える、ということを思い出して環境準備をしました。会員ページでも「debut版が使用できます」「優待価格で使用できます」などが見つからなかったため、うっかりするとオトクなことも見落とすところでした。

おまけ:練習した結果

色塗りは初めてですが、デジタルだとそれなりに素人でも塗れますね。

f:id:mamecafe:20171003174731p:plain

CLIP STUDIO PAINT PROセルシス CLIP STUDIO PAINT EXCLIP STUDIO PAINT PRO 公式リファレンスブックモデル

 

 

広告を非表示にする